中村浩二 Koji Nakamura

  1. プロフィール
  2. 研究・指導内容(工事中)
  3. リンク集
  4. 連絡先
  5. 研究室HPへ
  6. 生物学コースHPへ

1 プロフィール

現 職:金沢大学教授 環日本海域環境研究センター(生物多様性研究部門・陸上生物分野)・理学部(生物学科・生態学研究室)兼務
日本と熱帯(インドネシアなど)で昆虫の生態を中心とした野外調査を続けている.金沢大学「角間の里山自然学校」(1999~),「能登半島・里山里海自然学校」(2006~),科学技術振興調整費「能登里山マイスター養成プログラム」(2007~)の代表として石川県の里山里海の保全,総合的活用,地域再生をめざしている.

学 歴
1970年 京都大学農学部農林生物学科 卒業
1972年 京都大学大学院農学研究科農林生物学専攻修士課程 入学(昆虫学)修了
1972年 京都大学大学院農学研究科農林生物学専攻博士課程入学(昆虫学)
1977年 同上 単位修得退学
  
職 歴
1977年 金沢大学理学部助手(生物学科生態学講座)
1989年 金沢大学理学部助教授(同上)
1995年 金沢大学理学部教授(同上)
1998年 金沢大学大学院自然科学研究科(生命科学専攻生物多様性動態学講座)
2001年 金沢大学教授理学部(生物学科自然史講座生態学分野)
2002年 金沢大学教授自然計測応用研究センター(生物多様性研究部門陸上生物分野)・理学部兼務
2007年  金沢大学教授環日本海域環境研究センター(改称)(生物多様性研究部門・陸上生物分野)・理学部兼務

現在に至る

学 位 農学博士(京都大学) 
学位論文題目「Spatio-temporal dynamics of a natural population of the phytophagous lady beetle, Henosepilachna pustulosa Kono, in relation to habitat structure ブナ原生林におけるヤマトアザミテントウの時空動態」

専門 生態学

主な著書 
『スマトラの自然と人々』八坂書房(1992,共著)
『週刊朝日百科 動物たちの地球 110号熱帯雨林II』朝日新聞社(1993,共著)
『週刊朝日百科 動物たちの地球 118号 離島・熱帯高山』朝日新聞社(1993,共著)
『ハムシ類の生物学研究』Kluwer Academic Publications(1993,共著.英文)
『インドネシアの昆虫の多様性:個体群動態と進化生物学の視点から』日本熱帯生態学会(2001,共編著.英文)
『環日本海域の環境—過去・現在・将来—』丸善(2006.共著.英文)
『人間活動の影響下にある生態系の応用景観生態学ー人間生態系と自然生態系の結合』シュプリンガー出版(2007,共著.英文)

所属学会
 日本生態学会,日本昆虫学会,日本熱帯生態学会,日本応用動物昆虫学会等

社会における活動等
 石川県環境審議会,石川県景観審議会,金沢市自然環境保全審議会,金沢市森づくり市民会議等の委員
 

2.研究・指導内容(作成中)

3.リンク集

1. 能登半島・里山里海自然学校:http://www.satoyama-satoumi.com

2. 能登里山マイスター養成プログラム:http://cr.lib.kanazawa-u.ac.jp/meister/

4.連絡先

このHPへの問い合わせは以下までお願いします。
E-mail: koji@staff.kanazawa-u.ac.jp
Tel. & Fax: 076-264-6212
中村浩二まで